ハンセン病と人権/熊本市人権啓発市民協議会

熊本市人権啓発市民協議会 熊本市人権啓発市民協議会
トップページ サイトマップ 色を変える
人権協議会とは 人権とは 最新ニュース イベントカレンダー 啓発活動報告 啓発教材・講師紹介 ラブミンコーナー リンク
ラブミン
女性の人権
子どもの人権
高齢者の人権
障がい者の人権
同和問題
ハンセン病と人権
水俣病と人権
インターネット(高度情報化社会)と人権
外国人の人権
アイヌの人々の人権
0¨0?0?0?
R0?}B0HQ?0_N?0nN?j)
r ̄j?《[3?S?s0]0n[¶e?nN?j)
北朝鮮当局によって拉致された被害者等の人権
0??10nN?0_0a0nN?j)
性的少数者の人権
東日本大震災と人権
自死遺族の人権
ハンセン病と人権

 ハンセン病は一八七三(明治六)年に、ノルウェーのハンセン医師が発見した「らい菌」という細菌による感染症です。皮膚や末梢神経がおかされる病気ですが、早期に治療を行うことで、知覚障害、運動障害などは起こりません。
 また、感染力が非常に弱く、ハンセン病療養所で働いていた職員で感染した人はいないことからもわかるように、抵抗力があまりない状態でたくさんの菌に繰り返し触れる機会でもなければ日常生活では感染しません。
 仮にハンセン病に感染しても、治療法が確立している現在では、早期発見と早期治療により、障がいを残すことなく外来治療で治すことができるようになっています。
 しかし、治療薬が使用されるようになるまでは、患者を療養所に強制隔離したり、患者の家を消毒したりすることにより、「国が法律までつくって隔離するのだから、ハンセン病は怖い病気」という誤った認識が社会に広まりました。
 患者は施設に長年隔離され続け、実名すら名乗れないなど、人としての権利が著しく損なわれてきました。
 その後、二〇〇一(平成十三)年に熊本地裁で原告勝訴判決があり、二〇〇九(平成二十一)年にはハンセン病問題基本法が施行され、国と地方自治体の責任が定められるなど、ハンセン病問題は大きく進展しましたが、差別意識の解消など残された課題があります。
 元患者や家族の方々は、今もなお苦しみや悲しみを抱えておられます。私たちは、他人事としてではなく、ハンセン病について正しい知識を持ち、自分自身のことと受け止めながら、すべての人の人権が尊重される社会を実現するよう努めていかなければなりません。

熊本におけるハンセン病患者
救済のはじまり

 イギリスから宣教のため熊本に来たハンナ・リデルは、ハンセン病患者の悲惨な姿をみて衝撃を受け、少しでも患者を救いたいという思いから1895(明治28)年、熊本市黒髪に回春病院を開設しました。
 リデルは日露戦争後に財政難になると上京し有力者に協力を求めて回り、当時の財界人を動かし、ハンセン病問題に国が取り組む要因となりました。1932(昭和7)年にリデルが亡くなった後は、姪のエダ・ハンナ・ライトがその遺志を引き継ぎました。
 病院の中のハンセン病病原菌研究所だった建物が、現在『リデル、ライト両女史記念館』となっています。

菊池恵楓園入所者の証言
「検証ハンセン病史」(熊本日日新聞社)から抜粋

◆解剖承諾書
 入所手続きでのこと。「解剖承諾書を書いてほしい」。職員が生年月日などを聞いた後、当然のように告げた。
 「その時は子供だったから、とっさに『いやじゃ』と断った。死んでも、はらわたを取り出されるのは痛いだろうとゾーッとしたから」
 「死んだら痛みなんか分かるか」。職員に説得され、しぶしぶ同意した。署名は職員が代行し、林田さんは母印を押すだけで終わった。
 「園で使う偽名は何にするか」。続けて問われたが、「いりません」と即答した。「解剖のこともあって、どうせすぐ死ぬんじゃろうと思い、本名で通すことにした」
◆監禁室
 当時、監禁室は六畳ほどの個室がいくつかあり、原田さん同様、帰省期限を守らなかった男性二人が各部屋に一人ずつ収容されていた。
 それぞれの部屋にはカギが掛けられ、外出は厳禁。閉ざされた療養所の中でも、さらに閉ざされた場所だった。
 「昼はじっと布団の上に座り、夜は横になる生活。朝から聞こえてくる小鳥のさえずりだけが慰めでした」
 食事は毎回、小さなおにぎり二個とたくあんだけ。心配した療友が職員の目を盗み、部屋の格子戸のすき間から、ネタのない握りずしを差し入れてくれた。
◆断種・堕胎
 妊娠が分かった日、菊池恵楓園の本田陽子さん(五八)=仮名=は、一人で堕胎手術を受ける決断をした。昭和四十年のこと。
 「園内で子供を持つなんて、当時は考えもしなかった」。入所後に子供を産んだという話を聞いたことがなく、それが園内の“掟(おきて)”と疑わなかった。
 医師は卵管結紮(けっさつ)の優生手術も勧めた。卵管を縛る手術で、二度と妊娠しないようにするためだ。
 「中絶を繰り返したら体を壊すぞ」「だれが生まれた子を育てるんだ」。医師は威圧的に説得の言葉を繰り返した。陽子さんは迷った末に、手術を受け入れた。
 堕胎と卵管結紮の手術は、一時間ほどで終わった。陽子さんは涙が止まらず、手術中もおえつで体が震えたという。
 「もう女じゃなくなった…」。打ちひしがれる陽子さんに、夫の弘さん(六三)=仮名=は掛ける言葉がなかった。男として「ふがいない」と思った。
Copyright (C) 2007.熊本市人権啓発市民協議会 All Rights Reserved.
n