犯罪被害者及びその家族の人権/熊本市人権啓発市民協議会

熊本市人権啓発市民協議会 熊本市人権啓発市民協議会
トップページ サイトマップ 色を変える
人権協議会とは 人権とは 最新ニュース イベントカレンダー 啓発活動報告 啓発教材・講師紹介 ラブミンコーナー リンク
ラブミン
女性の人権
子どもの人権
高齢者の人権
障がい者の人権
同和問題
ハンセン病と人権
水俣病と人権
インターネット(高度情報化社会)と人権
外国人の人権
アイヌの人々の人権
0¨0?0?0?
R0?}B0HQ?0_N?0nN?j)
r ̄j?《[3?S?s0]0n[¶e?nN?j)
北朝鮮当局によって拉致された被害者等の人権
0??10nN?0_0a0nN?j)
性的少数者の人権
東日本大震災と人権
自死遺族の人権
犯罪被害者及びその家族の人権

 ある日突然、何の前触れもなく犯罪被害者となってしまうことから、決して他人ごとで済まされるものではなく、「明日はわが身」となるかもしれません。
 犯罪被害に遭われた方やその家族(以下、「被害者」という。)の多くは、犯罪そのものによる被害のみならず、捜査や裁判等で時間的制約や精神的ストレスを受けたり、メディアの取材、報道などで平穏な私生活が侵害されたり、事件の記憶に苦しめられて仕事も手につかず、結果として職を辞めざるを得なくなるなど、様々な二次的被害に苦しんでいます。
 しかしながら、これらの問題を被害者が独力で解決することは難しく、多くの社会的支援が必要となります。
 そこで、私たち一人ひとりにできることは、被害者の置かれた現状を十分に「理解」し、被害者の心に「寄り添い」、被害者の視点で「支えていく」ことです。
 被害者が、一日も早く、住み慣れた地域で、平穏な生活を取り戻していくために、身近に暮らす住民が率先して支援の輪を広げなければなりません。
 そして、すべての人が安心して暮らすことができる『犯罪のない明るい地域社会』を作っていきましょう。

犯罪被害者支援
熊本市では、被害者からの相談や支援を行う「公益社団法人くまもと被害者支援センター」の活動を支援するほか、市役所(市民協働課)内に被害者支援に関する案内窓口を設置するなど、被害者の実情に応じた各種支援に取組んでいます。
■電話相談 [相談専用電話]096・386・1033 相談・支援
無料
■面接相談   [相談受付時間]平日10:00〜16:00
■法律相談   随時・相談時間30分
■心理相談   随時・相談時間1時間
※法律相談・心理相談は予約が必要です。事前に電話でご相談ください。
    ●付き添いなどの直接的支援
●被害者グループへの支援
●関係機関・団体との連携による支援活動等
Copyright (C) 2007.熊本市人権啓発市民協議会 All Rights Reserved.