文字サイズ:
背景色:

講師紹介

下記ボタンをクリックすると、
ジャンル別の講師情報が表示されます。

五十音順

  • 浅井 喜子あさい よしこ
    ジャンル 人権一般/子ども
    所属
    電話 090-7392-3326
    謝礼基準 主催者の基準による
    テーマ 「駿ちゃんがくれた宝物」~大切な命~
    メッセージ
    ウェルドニッヒ・ホフマン病という難病を背負って生まれた息子駿太郎。4年9ヶ月という短い生涯の中でたくさんの大切なメッセージを残してくれました。食べる事も、歩く事も話しをする事も自分で呼吸をすることも出来ない体で笑顔を振りまいてたくさんの方々保育園の友達と強い絆を繋いでくれました。そんな駿太郎の話を通し、当り前の様に出来る事への感謝、命の大切さ、出来るできないではなくやろうとする頑張っている姿はとても輝いている事等お伝え出来ればと思っております。天使となった今もメッセージを送り続けてくれています。
    生きたくても生きられなかった命がこうしてある事を知って頂き命の重さを感じながら自分の命も周りの人や生き物等の命も大切にして「今」を生きて欲しいと思います。
  • 跡部 尚子あとべ なおこ
    ジャンル 高齢者
    所属 社会福祉法人 青山会
    特別養護老人ホーム くわのみ荘
    電話 096-245-1447
    謝礼基準 交通費の実費など、主催者様の基準でお願いします。
    テーマ 高齢者施設に於ける個別ケアのあり方 終活をしよう!!
    メッセージ
    特別養護老人ホームにて、要介護状態の方々の日々の暮らし、そして看取り期に於ける自分らしさにこだわること、それを支援することから気付いたことをお伝えします。
  • 石橋 敏郎いしばし としろう
    ジャンル 女性/障がい者
    所属 熊本県立大学名誉教授
    電話 096-368-1146
    謝礼基準 15,000円以内
    テーマ 男女共同参画社会 障がい者福祉の新しい潮流
    メッセージ
  • 大江学園・第二大江学園おおえがくえん・だいにおおえがくえん
    ジャンル 人権一般/子ども/障がい者
    所属 同所
    電話 096-364-0070
    謝礼基準 15,000円以内
    テーマ 施設見学・視察を行い、現地で心の交流をしませんか?
    メッセージ
    障がい児・者施設を実際に見学していただき、社会福祉施設の地域の中の社会資源としての役割について理解してもらう。また、入所利用児・者の交流をすることで、より障がいについて、また、人権について理解してもらう。
    みんな仲良し、みんな笑顔がいっぱい、楽しいひと時を一緒に過ごしましょう。
  • 大野 敏子おおの としこ
    ジャンル 親・子ども
    所属 学校心理士会
    電話 096-329-3659
    謝礼基準 5,000円以内(1時間)
    テーマ 不登校と、楽しい子育て
    メッセージ
    思春期の子どもたちは、さまざまな課題を見せます。「不登校」「自傷行為」「ひきこもり」など多岐にわたっています。その行動の背景には「現代社会や学校」の問題があります。それとともに「家庭」が大きな要因になっている事例も多く見かけます。
    お互いが信頼と愛で結ばれていた親子であっても、自立に向かっている子供にとっては、その親さえ、うっとおしい時期があります。親も苦渋の日々をおくることにもなります。
    子どもたちの健やかな成長のために、何をどう支援すればよいのか考えてみませんか。
  • 勝本 映美かつもと ひでみ
    ジャンル 障がい児(者)
    所属 児童発達支援センター(福祉型)済生会なでしこ園
    電話 096-357-6615
    謝礼基準 5,000円(主催者の基準による)(1時間)
    テーマ 障がい者とともに(つながりの中で生きるを支える)
    メッセージ
    発達障がいを含め様々な障がいのある方々(子ども)を社会全体でサポートできるよう理解を深めていただくお手伝いをしたいと思います。
  • 河野 直子かわの なおこ
    ジャンル 人権一般/女性/子ども
    所属 NPO法人 こころのサポートセンター・ウィズ
    電話 096-234-7505
    謝礼基準 10,000円以内(1時間)
    テーマ 男女共同参画社会、DV、セクシュアルハラスメント 自己表現、子育て 等
    メッセージ
    暴力のない、ひとりひとりが大切にされる社会へ向けて私たちにできることを一緒に考えていきたいと思います。また、アサーションというコミュニケーションの方法を伝えています。日常の生活の中から対等な関係をつくってほしいと願っています。
  • 木村 隆きむら たかし
    ジャンル 人権一般/同和問題/スポーツと人権
    所属 NPO法人 こころのサポートセンター・ウィズ
    電話 092-574-3180
    謝礼基準 20,000円以内(1時間)
    テーマ 人権問題と企業・企業と同和問題・スポーツと人権
    メッセージ
    あらゆる人権問題はその内容や本質を知らないから起こしてしまうケースが多いようです。
    同和問題(部落差別)は日本特有の人権問題でありながらなかなか無くすことが出来ません。
    民間企業向けに「人権・同和問題」の研修講師をやってきた経験を沢山の人にお伝えできればと思っています。
    又、スポーツ界における人権問題も2014年のJリーグでの不祥事でクローズアップされてきています。
    私がミュンヘンオリンピックで体験したテロの事例を紹介しつつスポーツと人権を考えてゆきたいと思います。
  • 国宗 直子くにむね なおこ
    ジャンル 女性/子ども/ハンセン病
    所属 熊本県弁護士会
    電話 096-322-7731
    謝礼基準 15,000円以内(1時間)
    テーマ 人権・環境問題・ハンセン病国賠訴訟担当
    メッセージ
    法律家の立場から人権問題についてわかりやすくお話します。
  • 倉田 哲也くらた てつや
    ジャンル 障がい者
    所属 社会福祉法人 くまもと障害者労働センター施設長
    電話 096-382-0861
    謝礼基準 10,000円以内(1時間)
    テーマ 共に生きる社会づくり 他
    メッセージ
    共に生きる社会は、共に学ぶ社会から
    みなさんにお伝えしたいこと
    「障害」は「不自由」ですが、「不幸」ではありません。
    私たちは、「障害」を「克服」するのではなく、「障害」者差別をなくしたいのです。
  • 坂本 義喜さかもと よしき
    ジャンル 子ども/同和問題/その他(命の尊さ)
    所属 元雇用開発協議会会員(食肉解体作業)
    電話 096-221-3697
    謝礼基準 主催者の任意
    テーマ いのちと仕事(いのちをいただく)
    メッセージ
    仕事を通して動物たちの涙を見て、その涙の想いを子供たちに伝えたい。
    食育をテーマに(食べる事は生きる事)の先に食肉解体をしてて動物達の感情を感じて、(自分の命・他人の命・食べ物の命)の意味を聞いて欲しいです。
  • 佐渡 公一さわたり こういち
    ジャンル 人権一般/その他(コミュニケーション・人間関係)
    所属 医療法人理事長・一般財団法人親学推進協議会親学アドバイザー
    一般社団法人楽心会理事
    電話 096-346-0635
    謝礼基準 実費(交通費)だけ
    テーマ 心のありよう、良好な人間関係、子育て、人が育つために
    メッセージ
    物質的には昔の王侯貴族の生活ができる私たちは、精神の成長が物質に追いつかず、物に振り回されている感がします。
    企業も家庭も潤いがなくなりつつあります。満たされない心の隙間をお金や物で補おうとし、結果、苦しんでいるのではないでしょうか。二度とない人生。必ず死ぬ人生。いつ死ぬかわからない人生。せっかくこの世に生を頂いたからには、生まれてよかった、あなたに出会えてよかったという生き方をしたいものです。皆さんとともに知識ではなく知恵を掴みともに成長していきたいと思います。
  • 社会福祉法人 環友会しゃかいふくしほうじん かんゆうかい
    ジャンル 障がい
    所属
    電話 096-325-0007
    謝礼基準 10,000円以内(1時間)
    テーマ 障がい者の就労に対する当施設での現状
    メッセージ
    現状の社会での障がい者の一般企業への就職は大変厳しいものがあります。
    一般企業が障がい者にもつ雇用のスタンスの問題や、サポートすべき側の問題等が、就職に大きな壁をつくっている現状を多くの人にご理解いただきたい。
    ※研修に際しては現地集合・解散で実際の現場見学を行い、ご説明となります。障がい者への偏見や思い込み、決め付けがいかにまちがっているかをご理解いただけるものと考えております。
  • 菅井 幸夫すがい ゆきお
    ジャンル 同和問題
    所属 熊本県地域人権運動連合会熊本市支部
    電話 096-385-1812
    謝礼基準 無償
    テーマ 同和問題の解決と地区の現状
    メッセージ
    人権問題(同和問題含む)に取り組んでいきます。
  • 鈴木 桂樹すずき けいじゅ
    ジャンル その他(男女共同参画)
    所属 熊本大学法学部教授
    電話 096-342-2364
    謝礼基準 主催者の基準による
    テーマ なぜ、いま、男女共同参画なのか
    メッセージ
    世の中、大きく変わりつつあります。これまで「あたりまえ」と思っていたことが通用しなくなってきています。そんな中で、これからの女性の生き方、男性の生き方、男女のあり方について考える機会が提供できればと思っています。
  • 砂川 真澄すなかわ ますみ
    ジャンル 子ども
    所属 特定非営利活動法人 「くまもと子どもの人権テーブル」
    電話 080-1709-5499
    謝礼基準 10,000円程度
    テーマ 子どもの人権
    メッセージ
  • 谷 里美たに さとみ
    ジャンル 女性/子ども/障がい者
    所属 合志市生涯学習課
    電話 080-6410-8862
    謝礼基準 無償
    テーマ パソコンを通じてもっと話そう!仲間を作ろう
    メッセージ
    私自身、障がい児を持った事で会社を退職する事を余儀なくされました。いきなり入った主婦の世界で、ずいぶん人と接する時間がなくなってしまい寂しい思いをした経験を持っています。例え、家族に障がいを持った人がいなくても主婦となると、孤独感に浸る人も多いのではないでしょうか?
    そんな人たちにパソコンを通じて、少しでも趣味の時間、あるいは人と人とのコンタクトが出来たら…と思い、現在の仕事をしています。
    またパソコンは危険な道具として認識されがちですが、車と一緒でちゃんとモラルを守る事ですばらしい道具であると言う事を子ども達にも伝えていきたいと思っています。パソコンの技術は本や教室で学べても、それに準ずるモラルを教えてくれるところはなかなかありません。大人が正しい知識を持って、子ども達に教えていく必要があると感じております。
    そのために私が少しでもお役に立つことがありましたら、幸いだと存じます。
  • 友住 容子ともずみ ようこ
    ジャンル 人権一般/女性/子ども
    所属 総務省 行政相談委員 熊本中部支部長
    社会福祉法人 熊本社会福祉協会 理事
    電話
    謝礼基準 5,000円以内(1時間)
    テーマ よりよい明日に向って
    メッセージ
    保育園園長として、保護者の子育て、家庭の悩み相談、大学生の相談、法務局等における、いじめ・虐待・不登校等の相談の体験、学校への啓発、相談をとおしての気づき、学んだことを伝え、共に考え、よりよい子育てや、人権が守られる社会となるよう勤めたい。
    保育園園長、人権擁護委員の県連会長、行政相談委員支部長の体験から、いじめ・不登校等の子育て、セクハラ・パワハラ等の悩み、くらしの疑問、改善について一緒に考えたい。
  • 波口 恵美子なみぐち えみこ
    ジャンル 人権一般/女性/子ども
    所属 公益社団法人 くまもと被害者支援センター
    電話 090-9407-2347
    謝礼基準 10,000円以内(1時間)
    テーマ アサーション、トゥルーカラーズプログラム、セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止、性暴力
    メッセージ
    人と人の、安全でしなやかな関係作りを応援しています。
  • 西原 鈴代にしはら すずよ
    ジャンル 人権一般/女性/子ども
    所属 NPO法人 こころのサポートセンター・ウィズ
    電話 096-234-7505
    謝礼基準 10,000円以内(1時間)
    テーマ DV、ハラスメント、自己信頼、自己表現、子育て 等
    メッセージ
    わたしたちのまわりでは、セクシュアルハラスメント、DV、モラルハラスメントなど、多くの暴力が日常的に起きています。
    皆さんとともに、それらの問題を身近なこととして考えていくことを通して、暴力を許さない社会をつくっていきたいと考えています。  また、暴力のない対等な人間関係をつくっていく暮らし方としてアサーションという自己表現を伝えています。
    皆さんにもぜひ、ともに広げていってほしいと願っています。
  • 野尻 千穂子のじり ちほこ
    ジャンル 人権一般
    所属 特定非営利活動団体 「熊本県いのちの懇談会」
    電話 096-358-5354
    謝礼基準 10,000円以内 (交通費別途)(1時間)
    テーマ 命の大切さ。生きることの素晴らしさ。
    メッセージ
    人権とは難しいものではなく、思いやりの心からずい分とお互いに気持ちよく暮らせるのではと思います。私は思いがけず12才で胸から下がマヒの体になりました。くやしくて、悲しくて…。そんな私の生きる力になったのが親の育て方です。障がいがあることは悪いことでも恥ずかしいことでもない。その体でしっかり生きていけ。親の私への励ましが、自分を大切に、そして他者も大切にする私へとなったのです。
  • 野田 幸孝のだ よしたか
    ジャンル 子ども/家庭教育(子育て支援)/生徒指導/学校経営
    所属 元 公立学校校長
    電話 0964-28-5826
    謝礼基準 主催者に一任
    テーマ 対極思考のススメ(大人が変われば教育(子ども)は変わる)
    メッセージ
    47歳の時、人生の魔坂(まさか)という坂が待っていました。
    父子家庭となり3人の子育てと公立学校の管理職との両立、そして母の介護をし最期を看取るという経験をしました。
    それは「自分が自分らしく生きているか」ということをつきつけられることの連続で、自分の”わがまま”と向き合うことでもありました。
    この経験から、人が心豊かに生きることの尊さについて「理解する」のではなく「感じる」ことの大切さに気づかされました。
    子ども達は未来からの使者です。彼らが健やかに成長することを願って、家庭教育や学校教育のあり方、新自由主義教育改革下における教育問題等に関する私の考えを世間に問うてみたいと思います。
    家庭教育学級や諸研修会等を通して、私自身が成長するとともにみなさまのお役に立てましたら幸いです。
  • 藤井 慶峰ふじい けいほう
    ジャンル 人権一般/障がい者/同和問題/ハンセン病
    所属 宗教法人曹洞宗 法泉寺
    電話 0964-22-1209
    謝礼基準 主催者の基準による
    テーマ 楽しい人権講座「生命を語る」「ハンセン病と差別」「宗教統制と人権」等
    メッセージ
    楽しく理解し易い講話をします。
  • 藤島 節生ふじしま せつお
    ジャンル 障がい者
    所属 医療法人社団きはら エミタスガーデン薬園町施設長
    電話 096-343-3226
    謝礼基準 実費(交通費)だけ
    テーマ 障がい児(者)の性を考える
    メッセージ
  • 松永 朗まつなが あきら
    ジャンル 障がい者
    所属 一般財団法人熊本県ろう者福祉協会
    電話 096-383-5587
    謝礼基準 主催者の基準による
    テーマ 聴覚障がい者に関すること、手話等
    メッセージ
    耳の障がい者への対応は、昔と比べてよくなってきていることは、国民の理解と協力の賜と思っている。しかし、まだやらなければならない課題もある。更なる理解の普及にご協力を願う。
  • 宮川 和夫みやがわ かずお
    ジャンル 人権一般/女性/子ども/高齢者/障がい者
    所属 旅のよろこび株式会社
    電話 096-345-0811
    謝礼基準 主催者の基準による
    テーマ 「高齢になっても、障がいがあっても旅を諦めないで」「UDを知ろう」「心のバリアフリーへ」
    メッセージ
    高齢になったから、障がいがあるからと、旅を諦めないでほしい。様々な配慮とサポートをすることで、誰もが旅を楽しむ事が出来ます。
    「行けるところへ」から、「行きたいところへ」旅は楽しいことがいっぱいです。
    旅を生きがいに、旅をリハビリの目的に。
    最初は不安があるかもしれません。でも小さな勇気を出して旅に挑戦すると、大きな自信へとつながります。
    さあ、次はあなたの番。旅に出かけましょう!
  • 宮里 新一みやざと しんいち
    ジャンル ハンセン病問題
    所属 なし
    電話 096-322-7731
    謝礼基準 1時間5万円から(ただし主催者の事情に応じて相談可)
    テーマ 生き直しコンサート
    メッセージ
    沖縄のハンセン病療養所「沖縄愛楽園」の退所者です。ギターを抱えて国宗直子の同和問題解説を交えながらトーク&ライブ形式でペアにて歌いに行きます。隔離政策のもとで感じ続けてきた重苦しさと、自由を求めてきた軌跡を歌います。
  • 宮本 儀子みやもと よしこ
    ジャンル 人権一般/子ども
    所属 熊本エンジェルの会「突然」
    子どもを亡くした家族の会代表
    電話 096-359-5523
    謝礼基準 主催者の基準による
    テーマ 天使からのメッセージ「命の大切さ」
    メッセージ
    平成6年に2才だった長男を急性脳症で亡くす。翌年に熊本エンジェルの会を発足。
    悲しみ・苦しみ・辛さを話せる場所が必要だと考え、年に4回の会合をしています。
    今までたくさん、お子様を亡くされた方と出会い、また自分自身、子どもを亡くした事によって生きていることのありがたさ、元気に1日過ごせる事、普通に生活できる事が奇跡だと教えてもらいました。
    また、平成28年に夫が他界し家族で暮らしていた時間が幸せだったと思い、命の大切さを伝えたい。
  • 脇田 五典わきた いつのり
    ジャンル 人権一般/女性/障がい者/ハラスメント/同和問題/適正採用選考
    所属 菅原雇用労務管理事務所 顧問
    有限会社ビジネスアシスト 相談役
    電話 096-370-2025
    謝礼基準 主催者の任意
    テーマ 人権尊重と啓発の実践/同和問題の理解と人権啓発
    メッセージ
    講師プロフィール
    職業安定行政職員として地方職業指導官・地方職業安定監察官・公共職業安定所長等を歴任し、労働省、熊本県、各人権啓発団体等の研修、学習、協議に参加して自己啓発に努め、同和対策、就職差別の排除、女性差別、セクハラ、パワハラ他、人権全般の研修、心身障害者対策、適正採用選考等の行政実務を企画、推進し、退官後、NEC九州日本電気株式会社・総務部・ルネサス セミコンダクタ九州・山口株式会社人権啓発推進委員会 副委員長・業務を通じて、あらゆる差別の排除をはじめ、人権問題全般の啓発課題に取り組み、県内外の企業・団体・行政・教育とその関係組織等の人権問題の学習、啓発、研修に携わり現在に至る。
〒860-8601 熊本市中央区手取本町1-1
TEL:096-328-2333 FAX:096-324-2105
©2020 熊本市人権啓発市民協議会 All Rights Reserved.