文字サイズ:
背景色:

人権とは

犯罪被害者等に関する人権問題

 ある日突然、何の前触れもなく犯罪被害者となってしまうことから、決して他人ごとで済まされるものではなく、「明日はわが身」となるかもしれません。
 犯罪被害に遭われた方やその家族(以下、「被害者」という。)の多くは、犯罪そのものによる被害のみならず、捜査や裁判等で時間的制約や精神的ストレスを受けたり、メディアの取材、報道などで平穏な私生活が侵害されたり、事件の記憶に苦しめられて仕事も手につかず、結果として職を辞めざるを得なくなるなど、様々な二次的被害に苦しんでいます。
 しかしながら、これらの問題を被害者が独力で解決することは難しく、多くの社会的支援が必要となります。
 そこで、私たち一人ひとりにできることは、被害者の置かれた現状を十分に「理解」し、被害者の心に「寄り添い」、被害者の視点で「支えていく」ことです。
 被害者が、一日も早く、住み慣れた地域で、平穏な生活を取り戻していくために、身近に暮らす住民が率先して支援の輪を広げなければなりません。
 そして、すべての人が安心して暮らすことができる『犯罪のない明るい地域社会』を作っていきましょう。

■分野別人権問題への取組

〒860-8601 熊本市中央区手取本町1-1
TEL:096-328-2333 FAX:096-324-2105
©2020 熊本市人権啓発市民協議会 All Rights Reserved.