文字サイズ:
背景色:

人権とは

水俣病に関する人権

 「水俣病」とは、水俣にあるチッソ水俣工場から排水と一緒に毒性の強いメチル水銀が水俣湾に流され、それが魚介類に取り込まれて、その魚介類を長い間たくさん食べたことにより発生し、一九五六年五月一日公式確認された公害病です。
 水俣病の主な症状としては、両手両足の感覚が鈍くなる、動きがぎこちなくなる、目が見える範囲が狭くなる、耳が聞こえにくくなる、言葉がはっきりしなくなるなどがありますが、発生当初の症状が重い人では、けいれんを起こしたり、意識不明になって亡くなることもありました。
 また食べた本人だけでなく、妊娠している母親の体内に入ったメチル水銀が、へその緒を通じて胎児へ取り込まれ、生まれながらに水俣病の症状をもった赤ちゃん(胎児性水俣病患者)もみられました。
 まだ水俣病の原因がわからなかった頃、患者が出た家庭には人々が近づかなかったり、患者やその家族または、水俣出身者が就職や結婚を断られるなどの差別があったのも事実です。
 水俣病は、メチル水銀による中毒症であり、空気や食物を通じて人から人へうつることはありません。また、遺伝により発生することもありません。現在、水俣湾は県の調査によって安全が確認されています。
 しかし、いわれのない差別や偏見により、患者や家族、さらには、水俣の人々は、長い間大変苦しみ続けられています。
 私たちも、水俣病に対する正しい知識を持ち、被害を受けた方々の視点に立って考えることで、水俣病に対する差別や偏見をなくしていくための努力をしていかなければなりません。

■分野別人権問題への取組

〒860-8601 熊本市中央区手取本町1-1
TEL:096-328-2333 FAX:096-324-2105
©2020 熊本市人権啓発市民協議会 All Rights Reserved.